1488423665399
岩崎友宏被告(28)に刺され重傷を負った女子大学生冨田真由さん(21)が28日、同被告への懲役14年6月の判決言い渡しを受け、代理人弁護士を通じ文書でコメントを発表した。
「たった14年。今から不安と恐怖しかない」などと心情をつづった。

冨田さんは「何の反省もしていない」と岩崎被告を批判。
「私や家族の苦しみが伝わらなかったと思うと、やりきれない」
「たった約14年後には、犯人が塀の外を歩いている」などとし、判決への不満をあらわにした。

弁護士によると、裁判所内の控室で待機していた冨田さんは、判決内容が伝えられると大きなショックを受け、しばらく絶句した。その後「(求刑の)17年でも短いと思っていたのに」と話したという。 全文を読む
<この話題に対する反応>

・これ死ななかったから罪は14年って、もし正男が日本で襲われて大事に至らなかったらその実行犯も14年で出てくるのか。多分ないし線引きは生死じゃない

・無人島に死刑囚集めてサバイバル生活させよう。金もかからないし様子を中継すれば銭にも成る(ロシア富豪のパクリ)

・うーん判例がないからしょうがないっていうのはわかるけど、せめて被害者の命を守る措置作らんと何のタメの法律かわからんし、そもそも道理が通らない

・14年6ヵ月の実刑だと仮釈放は早くて刑期の3分の2経過後だから9年8ヵ月後に出てくる可能性がある

・これなぁ、短期間の刑期で出所した奴が2回目の犯罪犯した場合の責任は裁判所だろといつも思うわ。死刑にしろとはいわんけど一生塀の中で監禁しとくべきやろ

懲役十年以上の奴は即死刑でいい。日本国民の税金で食っていけるとか、殆どの納税者にしたら腹立たしい案件。勿論被害者からしたら想像を絶する怨嗟だろう。

・ただ未遂も殺人も極刑になると殺しても殺さなくても一緒と犯罪者は躊躇しなくなる。そこは考えないとね。





14年後に刑務所から出てきてとまたいつ再犯するか・・・ 1488424276689